水素水の効果とアルツハイマー病

今回は、水素水の効果とアルツハイマー病の予防、治療についてまとめておきます。

アルツハイマー病と言われるアルツハイマー型認知症は、認知症患者の過半数を占めています。したがって高齢化が進む日本の社会の中でも、アルツハイマー病への対策は重要な社会的な課題です。

アルツハイマー病は、加齢により脳内の神経細胞が急激に減ってしまう病気で、その失われた(死んだ)細胞を元に戻す治療は非常に難しく、効果的な治療はまだ確立されていません。したがって治療方法の研究を進めるとともに、予防対策も重要課題のひとつです。

近年の研究で、アルツハイマー病も悪性活性酸素の存在が大きく影響している事が判ってきています。特に、ミトコンドリアが人体に必要なエネルギーを作り出す時に副産物として生成される活性酸素の量が増え、酸化力、還元力のバランスが崩れている状態で、悪玉活性酸素を作り続けるようになると、アルツハイマー病の発症率も高くなるようです。

水素はミトコンドリアの活性を促すだけでなく、悪玉活性酸素を抑制して体に必要な活性酸素は残していきます。この水素の働きに加えて、分子の小さい水素だからこそ細胞の内部に入り込み、他の病気への予防効果も期待されています。

水素水を生活に取り込み、その水素の効果を得ることで、多くの病気の予防に結びつくことは、様々な医療機関の研究で実証されてきました。日本はさらに高齢化社会が進み、加齢による病気は当たり前になってきましたが、水素水の効果で認知症の予防が出来るのならば、積極的に水素水を飲む習慣を生活に加える事により、健康年齢を大幅に伸ばすことに結びつくのではないでしょうか。

2015-08-16 水素水の効果とアルツハイマー病 はコメントを受け付けていません。 水素水で病気の予防