水素水の飲み方と水素濃度

水素水はどのように飲めばよいのか?

水素を摂取する目的で水素水を飲む習慣を生活に取り込むことが、様々な健康面でプラスに成ることは数多くの研究機関や医療の現場などで実証されていますが、実際に私達が水素水を飲む場合、どのように摂取する方法が良いのでしょうか。

水素水を飲む場合、水素水の「量」と水素の「量」を整理して考える必要があります。とは言っても実生活の中で飲むことを考えるのであって、研究のように細かく考える必要はありません。

まず、水素の量ですが、水素の定期的な摂取に関しては副作用の心配はないと考えられていますから、できるだけ多くの水素の量を確保することで、水素をしっかりと摂取することが大切です。
まず、500mlのペットボトルに入っている水素水を想像して見てください。水素水だからといって特別な飲み方があるわけではなく、一般的なミネラルウォーターやスポーツ飲料等と同じように飲めば良いだけです。また、水素水を作るキットの場合は、自分の好みの飲料に水素水を溶かしこむことも出来ます。水素水を飲む習慣を生活に取り入れるには、大きなポイントかもしれませんね。

水素水をたくさん飲まなければ効果を得られないのか?

水素水を飲み、なるべく多くの水素の量を確保するには、適切な水素濃度以上の水素を含む水素水を飲むわけですが、同じ500mlの水素水でも、水素水の濃さが2倍ならば同じ量の水素水を飲んでも、約2倍の水素を体内に取り込めるわけです。とても単純なことですね。

水素水の効果を得るための1日あたりの適量は、500ml~1500mlと言われます。この数値は水素水にかぎらず、一般的な日常生活の中で体に負担をかけずに飲む事のできる水素水の量として考えればよいでしょう。

水素水の量と水素濃度

そう考えると、なるべく多く水素を水素水から体内に取り込むためには、水素水に含まれる水素の濃度が高い必要があります。水素水に含まれる水素の濃度を示す単位は、一般的にppmという単位が使われます。水素濃度が1ppmという表記は、1000ml(1リットル)の水(液体)に水素分子が1mg含まれる濃度を示します。水素は一般的に通常の気圧では飽和濃度が1.57ppmなので、約1.6ppmが私達が入手できる水素水の最高の濃度となります。

水素水に含まれる水素の濃度と、水素の効果との関係はいまも検証中ですが、水素の濃度が少なすぎれば、効果も期待できないことは確かです。ですので、水素水の効能などの話をする場合は、0.8ppm~1.6ppmの水素濃度の水素水を対象としている場合が一般的です。

水素の濃度については、近年、新しい技術により高濃度の水素水が手軽に作れるようになり、その効能についてはマウスだけでなく医療の現場で使われ始めています。過去には、水素水の製品に表記されている濃度以下の水素しか含まれていなかったため、一部のマスコミに騒がれたこともありましたが、最近では販売しているメーカーも技術的に進歩して、水素濃度0.8~1.0ppmの水素水が安定して入手できるようになりました。また、高濃度の水素水を作るキットタイプの製品も多くの医療現場で取り入れられ検証も続いています。