水素の効能とアトピー性皮膚炎

水素水を生活に取り入れる最大のメリットは、悪玉活性酸素を抑制することにより細胞レベルで体内の活性を促すことです。多くの疾患の抑制だけでなく、アンチエイジングの分野でも多くの効果が期待できますが、近代病と言われる花粉症やアトピー性皮膚炎への効果も期待されて医療の現場ではすでに水素水の効果についての検証が始まっています。

特にアトピー性皮膚炎の場合、発症原因が特定される皮膚炎ではなく多くの原因因子が考えられるため、かゆみを抑える事や、炎症を抑える事はできるようになっても根本的な治療を行う方法は、現在も確定していません。

アトピー性皮膚炎により炎症が起きると免疫反応により、有害な細菌などを攻撃するために活性酸素が発生します。この動きは正常なのですが、アトピー性皮膚炎の場合は過剰に反応して活性酸素が大量に発生してしまうことにより、さらなる炎症を引き起こします。

この負のサイクルを止めてアトピー性皮膚炎の症状を緩和する方法として、活性酸素の抑制が考えられます。そのために、水素の持つ活性酸素の抑制効果がアトピー性皮膚炎の症状の軽減に効果を期待されます。

ただし、前述のとおりアトピー性皮膚炎の原因の因子は多岐にわたり、かきこわしを防ぐための痒みの軽減のための治療や、根本的な免疫バランスを正常に保つために、特に腸内の免疫能力のバランスを保つ事もアトピー性皮膚炎の治療には大切な要素といえます。腸内の免疫能力のバランスが崩れている場合、食物アレルギーなどの素因になり、アトピー性皮膚炎の原因のひとつとなるのです。

水素の効能は細胞レベルで体全体を活性化することですから、悪玉活性酸素を抑制することで腸の免疫能力のバランスを正常にする効果も、十分に期待できます。