水素水の効果を点滴に応用する

水素水を日常に取り入れる効果は、シンプルに考えれば細胞単位で元気になるというイメージです。様々な方法で水素を体内に取り込み細胞単位で元気になると、私達の体には色々な良い変化が期待できます。

その良い変化とは、免疫力の向上を始めとして血管性疾患の予防、症状の改善など直接的に命にかかわる影響もありますし、体の「健康」全般にプラスの効果をもたらすため、美容やいわゆるアンチエイジングの効果を得るためにも活用されているものもあります。
「水素水の効果を点滴に応用する」の続きを読む…

水素で脳や心臓の機能低下を抑制する

水素の持つ多くの効能はまだまだ増えていくと考えられていますが、やはり医療分野での水素の持つ効果が顕著になってきています。悪玉活性酸素を抑えることで様々な病気の症状を抑え、治療の一躍を担うことはすでに認められていますが、心臓や脳の機能が低下した時にも水素の持つ人体の活性を呼び起こす効果はしっかりと認められたようです。
「水素で脳や心臓の機能低下を抑制する」の続きを読む…

水素の効能とアトピー性皮膚炎

水素水を生活に取り入れる最大のメリットは、悪玉活性酸素を抑制することにより細胞レベルで体内の活性を促すことです。多くの疾患の抑制だけでなく、アンチエイジングの分野でも多くの効果が期待できますが、近代病と言われる花粉症やアトピー性皮膚炎への効果も期待されて医療の現場ではすでに水素水の効果についての検証が始まっています。

特にアトピー性皮膚炎の場合、発症原因が特定される皮膚炎ではなく多くの原因因子が考えられるため、かゆみを抑える事や、炎症を抑える事はできるようになっても根本的な治療を行う方法は、現在も確定していません。

「水素の効能とアトピー性皮膚炎」の続きを読む…

水素水の飲み方と水素濃度

水素水はどのように飲めばよいのか?

水素を摂取する目的で水素水を飲む習慣を生活に取り込むことが、様々な健康面でプラスに成ることは数多くの研究機関や医療の現場などで実証されていますが、実際に私達が水素水を飲む場合、どのように摂取する方法が良いのでしょうか。

水素水を飲む場合、水素水の「量」と水素の「量」を整理して考える必要があります。とは言っても実生活の中で飲むことを考えるのであって、研究のように細かく考える必要はありません。
「水素水の飲み方と水素濃度」の続きを読む…

水素水の効果とアルツハイマー病

今回は、水素水の効果とアルツハイマー病の予防、治療についてまとめておきます。

アルツハイマー病と言われるアルツハイマー型認知症は、認知症患者の過半数を占めています。したがって高齢化が進む日本の社会の中でも、アルツハイマー病への対策は重要な社会的な課題です。

アルツハイマー病は、加齢により脳内の神経細胞が急激に減ってしまう病気で、その失われた(死んだ)細胞を元に戻す治療は非常に難しく、効果的な治療はまだ確立されていません。したがって治療方法の研究を進めるとともに、予防対策も重要課題のひとつです。

近年の研究で、アルツハイマー病も悪性活性酸素の存在が大きく影響している事が判ってきています。特に、ミトコンドリアが人体に必要なエネルギーを作り出す時に副産物として生成される活性酸素の量が増え、酸化力、還元力のバランスが崩れている状態で、悪玉活性酸素を作り続けるようになると、アルツハイマー病の発症率も高くなるようです。

水素はミトコンドリアの活性を促すだけでなく、悪玉活性酸素を抑制して体に必要な活性酸素は残していきます。この水素の働きに加えて、分子の小さい水素だからこそ細胞の内部に入り込み、他の病気への予防効果も期待されています。

水素水を生活に取り込み、その水素の効果を得ることで、多くの病気の予防に結びつくことは、様々な医療機関の研究で実証されてきました。日本はさらに高齢化社会が進み、加齢による病気は当たり前になってきましたが、水素水の効果で認知症の予防が出来るのならば、積極的に水素水を飲む習慣を生活に加える事により、健康年齢を大幅に伸ばすことに結びつくのではないでしょうか。